La traviata

堕落した日々を綴ったり隠してみたり(*´σー`)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT | main | 40歳の童貞男 >>
リバティーン
評価:
ジョニー・デップ,サマンサ・モートン,ジョン・マルコヴィッチ,ロザムンド・パイク,トム・ホランダー,ローレンス・ダンモア,スティーヴン・ジェフリーズ,Paul Ritter,Francesca Annis
アミューズソフトエンタテインメント
¥ 3,280
(2006-11-24)
Amazonランキング: 3738位
内容
1660年代、王政復古のイギリスで、ロチェスター伯爵ことジョン・ウィルモットは、作家の才能がありつつも、そのセクシャルでスキャンダラスな内容が問題視されていた。女性関係も派手な彼だったが、エリザベスという女優に出会い、彼女の才能を開花させるべく丁寧な指導を施す一面もあった。しかし、ジョンは国王に依頼された、フランス大使を招く歓迎式典の舞台演出で、卑猥かつ刺激的な内容で、国王の顔に泥を塗ってしまう…。



ごめんなさい!!本当にごめんなさいヾ(・ω・`;)ノぁゎゎ
相変わらず彼の演技には脱帽。つかみの台詞もスンゴクよかった。でも映画に入り込めたのはその最初の台詞だけでした。深すぎて私には理解ができないのか、多分そういう部分もあるのだろうけど、評価をつけるのが難しい(;´Д`) うぅっ。。
スポンサーサイト
こんにちは♪
TBありがとうございました。
ジョニー・デップはすごくかっこいいけど
内容はかなり好みが分かれますよね・・・。
ひめ / 2007/04/28 5:31 PM
⇒ ひめさん
こちらこそありがとうございます(*´∀`)
確かにこの作品はかなり好みが分かれそうですね。
いや〜しかしジョニー・デップは最高!
またお邪魔します♪
★ rizu ★ / 2007/05/02 10:31 PM
COMMENT









Trackback URL
http://tamarukana.jugem.jp/trackback/125
TRACKBACK
リバティーン 監督:ローレンス・ダンモア 出演:ジョニー・デップ、サマンサ・モートン、ジョン・マルコヴィッチ、ロザムンド・パイク、トム・ホランダー、ジョニー・ヴェガス... 「17世紀イギリス。閃光のように現
リバティーン | ひめの映画おぼえがき |